初心者のためのスマホ買取情報サイト

画面フィルムが貼られている携帯買取は可能?

画面フィルムが貼られている携帯買取は可能? 携帯の液晶ディスプレイをキズや指紋などから守るために保護フィルムを貼って使用しているユーザーは多いことでしょう。
中には1枚数千円もするような高質なガラス素材でできたものもあり、丁寧かつ大切に使いたいというユーザーには、必須アイテムの一つです。
ところで、携帯買取に際して、この保護フィルムは剥がしたほうが良いのか、それともそのままのほうが良いのか迷ってしまうという人もいるかもしれません。
どちらが良いのでしょうか。
結論から言えば、どちらでも査定にはほとんど影響はありません。
携帯買取の際の査定において、剥がされてしまうからです。
次のユーザーにとっても、他人が使っていたということの証のようなものが残っていることは好ましくありませんので、結局捨てられてしまうことになります。
そのため査定の際に剥がしてもそのままでもどちらでも良いのです。
ただ郵送して携帯買取を行う場合は、輸送中のディスプレイ保護の観点からそのままのほうが良いかもしれません。

携帯買取に液晶保護フィルムが必要かどうか

携帯買取に液晶保護フィルムが必要かどうか 新品未使用品として携帯買取してもらいたい際は、購入した直後の状態を保っていることが大切です。
液晶画面に貼られていた保護フィルムは、剥がさないでそのまま査定してもらいます。
この保護フィルムを剥がれていると、新品扱いになりませんので価格が低くなります。
フィルムが無いだけで、数千円の差が出てしまうこともありますので注意が必要です。
中古品として携帯買取をしたい時は、フィルムが貼ったままでも、ディスプレイの傷の確認をするために剥がしますので、査定には影響がありません。
お店に持ち込む時や宅配買取の郵送時に商品に傷が付かないように、フィルムはそのままにしておくことをおすすめします。
購入した際に付いていたケースやイヤホンなどの付属品は、全て付けて査定をしてもらった方が、査定額が上がる可能性があります。
中古品の査定に関しては、ディスプレイを綺麗に拭きとるなどして掃除をしてから買取をしてもらうようにすると良いでしょう。